40歳からのお肌ケア基礎の知識

40歳は基本のスキンケアを見直す時

肌トラブルを改善するには

40歳になったら、スキンケアを見直してみましょう。
さまざまな肌トラブルに見舞われるのが40歳過ぎですが、基本的なスキンケアがおざなりでは解決することは難しくなってしまいます。

スキンケアの基本は肌を清潔にして、うるおいを与えるためにしっかりと保湿することにあります。
クレンジングや洗顔、化粧水、そしてクリームなどの使い方を見直して、しっとり柔らかな肌をキープし続けましょう。
それが、シミやシワ、タルミの予防につながります。

また、ぱっと見はテカテカと皮脂が多めの肌に見えても、肌内部は乾燥していることも多いので注意が必要です。
このような肌も、基本のスキンケアを根気よく続けることで、肌のターンオーバーを整えて健康的な状態に導くことができます。

 

基本的なスキンケアを確認

クレンジングや洗顔は擦らず丁寧に行い、必要な皮脂を残しつつ、汚れをしっかりと落としましょう。
そして、清潔なタオルでやさしく水気を拭き取ったら、すぐに化粧水を付けます。

40歳を過ぎたら、化粧水はセラミドなどの保湿成分が配合されているタイプがおすすめです。
セラミドはもともと体内で生産される成分なのですが、年齢とともにその生産量は少なくなってしまいます。
そこで、化粧品で補ってうるおいをしっかりと与えることが必要なのです。

クリームには、コラーゲンヒアルロン酸が含まれているタイプを選ぶと良いでしょう。
これらの成分は、うるおいを与えるとともに肌に弾力をもたらしてくれるので、40歳から気になるタルミにも効果的です。
また、肌を柔らかな状態にもしてくれるので、健康的で若々しい印象を与えてくれます。

 

 

 

こちらもCHECK

-40歳からのお肌ケア基礎の知識

© 2021 自然派化粧品リーフリーフ公式