40歳からの肌育

40歳からの肌を育てるスキンケアには保湿も重要

シミやシワ、くすみやたるみなど40代からの肌悩みの多くは、肌をしっかり保湿することで予防・改善を目指せます。肌が乾燥しやすくなる40代のスキンケアには、十分な保湿を取り入れることも大切です。


1.化粧水はやさしくなじませる
化粧水を手のひらやコットンに出したら、顔全体にやさしくなじませます。
手を使う場合は、手のひら全体で顔を包むように押さえて肌になじませていきましょう。
コットンの場合は、肌をやさしく押さえるようになじませるか、コットンの端を指でつまんで、コットンだけが肌に当たるようにパッティングをします。

2.乳液やクリームで水分にフタをする
化粧水だけでは肌の水分が蒸発しやすいため、乳液やクリームを使って油分を補い、しっかり水分にフタをして閉じ込めることが大切です。
適量を手に取ったら手のひらに広げ、顔の内側から外側に向かってやさしくなじませます。目元や口元は乾燥しやすいため、薄く重ねづけすると効果的です。

3.保湿ケアは肌をこすらない
化粧水やクリームなどの保湿ケアで大切なのは、肌をこすったり叩いたりしないこと。
肌への摩擦は強い刺激となり、乾燥や色素沈着などを引き起こします。
せっかく保湿効果のあるアイテムを使っても、肌への刺激で肌荒れを起こしてしまうことも考えられるので、スキンケアはやさしくていねいにおこないましょう。

 

手のひら全体や指の腹を使い、やさしく肌に押し込むようにすることを心がけて、保湿効果を高めるようにしてください。

 

 

こちらもCHECK

-40歳からの肌育

© 2021 自然派化粧品リーフリーフ公式