セダン草

セダン草はどうやって食べるのが正解?

生で食べるのが最も手軽
セダン草を食べる際は、調理をせずそのまま生で食べるのが最も手軽です。
セダン草は味も食感も良いため、特にこだわりがないのであれば洗ってそのまま食べると良いでしょう。臭みや苦みも無く、普通の葉物野菜のような感覚で食べられます。
また、生の場合にはサラダに混ぜるのもおすすめです。いつものサラダがよりおしゃれになりますし、ドレッシングなどとの相性も良いため、ただ食べるのでは飽きてしまうという人はサラダにプラスするのがおすすめです。シャキシャキとした歯ごたえがいつものサラダにちょっとした変化をもたらしてくれるでしょう。
食べる量は1日3~5枚くらいで十分なので、ちょっとしたトッピングとしてプラスすれば十分です。

ミックスジュースに混ぜて飲む
そのまま食べるのでは味気ない、なんとなく生の味や食感が苦手という人の場合には、ミックスジュースにして飲むことをおすすめします。
バナナやリンゴなど味の良いものと一緒にジューサーにかければ、セダン草の味も食感も他の材料に紛れてしまうので、まったくわかりません。セダン草とはわからず、美味しいジュースとして飲めてしまいますから、毎日続けられるでしょう。
スムージーなどを習慣にしている人は、ちぎった葉っぱをそのままプラスするだけで、いつもの一杯をより栄養のあるものにできますから、ぜひ試してみてください。朝食の一杯として習慣にプラスすると、無理なく継続しやすいです。

 

こちらもCHECK

-セダン草

© 2021 自然派化粧品リーフリーフ公式