40歳からの化粧品基礎の知識

40代向けの化粧下地とは

化粧下地の役割

化粧下地は、ファンデーションをのばす前に使い、メイクのノリを良くし崩れを防ぐ役割があります。
テクスチャーには伸びがよいリキッドタイプ、みずみずしいジェルタイプ、少し重い感触のクリームタイプなどがあります。

最近の化粧下地はファンデーションをきれいにのせるだけではありません。
肌の色むらをカバーしてツヤを与えたり、紫外線をカットする効果があったり、保湿したり、毛穴の凸凹を補正したりするなどプラスアルファーの役目があります。

40代の肌はくすみやシミ、シワ、毛穴の開きなどのエイジングサインがあるので、多機能な製品がぴったりです。

 

肌の悩みに合ったカラーを選ぶ

肌の色むらといっても悩みは1つではありません。
悩みに応じたカラー選ぶ必要があります。

例えばくすみが気になる方はピンク、透明感を出したいときにはパープル、赤みが気になるときはグリーン、目元のくまにはオレンジ、シミにはイエローを使うとカバーできます。
パールの質感を加えると顔に自然なつやと立体感が表れます。

基本的にピンクとパープル、パールは顔全体に塗れますが、それ以外は部分的に使いましょう。

 

UVカット機能付きが便利

シミが気になる方は、UVカット効果が味方になってくれます。
一つになったものなら、うっかり外出しても安心です。

若いころは紫外線のダメージを受けてもすぐ回復できますが、40代の場合は少しの時間でも肌トラブルのもとになります。
UVクリームの機能を併せ持ったものがいいでしょう。

 

 

 

こちらもCHECK

-40歳からの化粧品基礎の知識

© 2021 自然派化粧品リーフリーフ公式